〒211-0004 神奈川県川崎市中原区新丸子東1丁目983番地 TYMマンション402号室
(新丸子駅から徒歩1分、武蔵小杉駅北口から徒歩5分)

営業時間
10:00~20:00(最終受付19:00)
定休日:月曜日

●日曜日・祝日は営業時間18:00まで、最終受付17:00になります

●火曜日・金曜日は13:00開院になります(訪問治療のため)

 

お気軽にお問合せください

044-750-8870
友だち追加

LINEからもご予約・お問合せが出来ます

クリックしてQRコードから友だち追加して下さい

変形性股関節症のセルフケア

股関節が「痛む」「違和感がある」
それは変形性股関節症かも知れません!
手術を考えている方も是非ご相談下さい。

更新日 2022年8月16日

院長の高野です

ホームページをご覧いただきありがとうございます!

股関節の変形は、実は周辺の筋肉の強張りから始まります。

そしてその強張りを最初は痛みや違和感として感じるのです。

それを放置しておくとやがて軟骨がすり減り股関節が変形して更に痛みが増していきます。

しかしその痛みの原因は、実はすり減った軟骨ではなく、筋肉の硬さなのです!

 

先ずは実績がある当院にご相談して下さい。

こんな症状でお悩みではありませんか?

すべて当院で改善可能な症状です!
病院で改善しない方は是非ご相談下さい

  • 股関節に痛み違和感を感じる
  • 股関節が固くなって詰まる感じ、引っかかる感じがする
  • ポキポキとがしたり、カクっとして力が入らなくなる時がある
  • 長く歩くと重怠くなったり、痛みが出る
  • 座っているだけでも股関節に違和感がある
  • 爪切り靴下の脱ぎ着が辛い
  • しゃがむのが辛く、自力で立ち上がるのが辛い
  • 車の乗り降りが辛い
  • 痛みでまともに歩けない
  • 左右の足の長さ太さが違う
  • がないと歩けない

これらの症状は「筋肉の強張り」から始まり、その後の「股関節の軟骨のすり減り」に進行します。

しかしその痛みの原因は「軟骨」ではなく「筋肉」なのです!

変形性股関節症は、症状によって初期中期後期の3段階に大まかに分けられます。

 

初期 : 股関節に違和感強張りを感じる。

中期 : 痛みで股関節を使った日常動作がしにくくなる

後期 : 痛みで日常動作が出来ない足の長さ、太さも違う杖なしでは歩けない

 

また変形性股関節症の初期と似ている疾患として臼蓋形成不全股関節唇損傷先天性股関節脱臼などがありますが、先ずは病院で画像診断を行い原因を特定することが大切です。

股関節の痛み、違和感、変形性股関節症
お気軽にご相談ください!

当院では、股関節の痛みや違和感などから重度の変形性股関節症まで、皆様のお悩みを指圧療法で解決いたします。
まずはお気軽にお問合せ・ご相談いただければ幸いです。

ホームページ経由の患者様は

  初診料 2000円 ➡ 無料!!

お電話でのお問合せはこちら

044-750-8870

Lineからもどうぞ!

友だち追加

痛みの原因の多くは筋肉の硬さなのです

腸腰筋

大腿直筋

大腿筋膜張筋、中小殿筋、外旋筋群

軟骨がすり減って股関節が変形する「変形性股関節症」。この軟骨のすり減りは実は筋肉の強張りから始まるのです。

そしてその痛みの原因はすり減った軟骨ではなく、筋肉の硬さなのです。

軟骨には神経は通っていませんので、軟骨がすり減ったことが痛みの直接の原因になる訳ではありません。

痛みの原因の多くは、股関節の可動域が制限されて循環がわるくなり、筋肉が固まってしまったことによる痛みなのです。

そしてその痛みの原因となる代表的な筋肉とは、腸腰筋(大小腰筋、腸骨筋)大腿直筋大腿筋膜張筋中小殿筋外旋筋群などです。

いづれも股関節に付着している筋肉群です。

 

【痛みと変形のメカニズム】

 

これらの筋肉が硬くなると痛み違和感を感じます。そして筋肉の硬さの為に、股関節のはまり方が正常な位置に保てず、動きが制限されます。

多くの場合は前側に筋肉が硬くなり、後の筋肉が十分に働かなくなるため股関節の骨頭部分が前に引っ張られます。

その状態で活動すると軟骨が摩耗して変形が進みます。

しかし軟骨には神経が通っていませんので、軟骨が変形してぶつかっても動きの制限はありますが痛みはありません

この時痛みとして感じるのは血流が悪くなって固まった筋肉の痛みなのです。

そしてその痛みのために歩き方が乱れ、股関節が余計にギクシャするため軟骨がすり減って変形が進み、ますます股関節の動きが制限されて筋肉が硬くなり、痛みが更に増すという悪循環に入るのです。

ですから変形性股関節症の痛みを改善するには先ずはこれらの筋肉群を緩めることが大切なのです。

この状態を放置するといずれ軟骨は無くなり、骨同士が直にぶつかる様になったり、骨が変形したり、棘になったり(骨棘)して痛みが更に酷くなります。

しかし、この状態になっても固まった筋肉を緩めて、必要な筋肉を鍛えたり、さぼっている筋肉を適正に働くようにすることで手術をしなくても痛みの緩和を十分に図れます

固まった筋肉を緩め、お尻の筋肉を鍛えるのが大切です!

大殿筋が働かないと股関節に負担がかかります

固まってしまい股関節の痛みの原因になる筋肉の主なものは、大腿直筋、大腿筋膜張筋、中小殿筋、腸腰筋(大小腰筋、腸骨筋)等があり、逆に使われないで機能が低下する筋肉には大殿筋(特に下部繊維)があります。

固まってしまった筋肉はそれ自体が痛みの原因になるばかりでなく、機能も低下して上手く働かなくなっています。

ですからこの固まった筋肉を緩めることはとても重要なのです。

また股関節が痛いと、歩く時に股関節と膝を曲げてなるべく股関節を動かさないようにして歩きます。

するとお尻の一番大きな筋肉である大殿筋を使わないようになってしまうため、大殿筋はドンドン委縮して機能が低下します。

すると歩く時に体を上手く支えられなくなり、姿勢が崩れるためにいつまでも股関節に負担がかかり、痛みが取れません。

ですから大殿筋を刺激して鍛えることは痛みを改善する上でとても大切になります。

もちろん他の筋肉(外旋筋等)の働きを活性化させることも大切なのは言うまでもありません。

バランスがとれた歩き方がとても大切になります

正しい歩き方をすること自体が筋トレやリハビリになるのです

股関節が痛いと、どうしてもかばいながら歩くために重心が崩れ、不自然でバランスが悪い歩行になります。

これを跛行と言います。

これにより股関節に過重な負担がかかり、また「ほとんど使われない筋肉」「使い過ぎる筋肉」が出来るためにバランスが悪くなり、いつまでも痛みが改善しないということになります。

また跛行により足首の関節が変形してしまい、足を真っすぐに出せず、更に跛行に拍車をかけることもあります。

ですから変形した足首を調整して「真っすぐに足を出しかかとから着地し、足裏で体重を支え股関節をなるべく伸ばす」という正しい歩き方を意識することは痛みの改善に非常に重要なのです。

この正しい歩き方により、股関節周りの筋肉が正しく使われるように鍛えられたり、刺激され正常に機能するようになるため、股関節がしっかりと保護されます。

正しい歩き方は、それ自体が筋トレリハビリになっているのです。

股関節の痛み、違和感、変形性股関節症
お気軽にご相談ください!

当院では、股関節の痛みや違和感などから重度の変形性股関節症まで、皆様のお悩みを指圧療法で解決いたします。
まずはお気軽にお問合せ・ご相談いただければ幸いです。

ホームページ経由の患者様は

  初診料 2000円 ➡ 無料!!

お電話でのお問合せはこちら

044-750-8870

Lineからもどうぞ!

友だち追加

 変形性股関節症 
のセルフケア

  • 股関節に関係する筋肉を緩める
  • 大殿筋を鍛えて機能アップする
  • バランスの取れた歩き方を意識する

股関節に関係する筋肉を緩める

腸腰筋のストレッチは頭を下げて行う

股関節に関係する代表的な筋肉には、腸腰筋(大小腰筋、腸骨筋)、中小殿筋、大腿筋膜張筋、、大腿直筋、外旋筋群があります。

この中で変形性股関節症の痛みに最も大切な腸腰筋(大小腰筋、腸骨筋)のストレッチをお伝えします。

※他の中小殿筋、大腿筋膜張筋、大腿直筋、外旋筋群のセルフケアは、その部位にテニスボール等を当てて体重をかけることによってほぐすことが出来ます。

詳しくはお問合せ下さい。

 

 

【腸腰筋のストレッチ(症状が後期の場合)】

 

①両手をついて四つん這いになる

②痛む方の足と逆の足の膝を少しずつ前に出していく。

③痛む方足の鼠径部(足の付け根)が軽く伸びる程度まで伸ばす

④鼠径部(足の付け根)を床に少し押し付ける様にしてストレッチし30秒キープする

⑤自分の体の状態に合わせて何回か行う

 

※注意事項としては、頭を挙げて行うと腰を反らせて痛めるので頭は下げて行う

大殿筋を鍛えて機能をアップする

前側の足の付け根と太もものストレッチも意識するとベター

①仰向けに寝ます

②足を肩幅に広げて両膝を立て、両手をお尻に当てます

③お尻と背中を可能な範囲で無理をせず持ち上げます。この際はお尻の穴をキュッと締める様にしてお尻に力を入れます。(添えた手で感じて下さい)

5秒キープしてゆっくり下ろします。これを10回ほど繰り返します。

 

※お尻を持ち上げた時に、前側の足の付け根太ももの前側を伸ばすことを意識出来れば、腸腰筋、大腿直筋のストレッチにもなります。

バランスのとれた歩き方を意識する

かかとから接地して足裏全体で体重を支えることが大切です

痛む足と反対側で杖を持つ

②痛む方の足を出して、かかとから着地し、その瞬間に体重移動する

③後ろの足は脱力して引き寄せつつ、足裏全体に体重を乗せて骨盤を立て、姿勢良く立つ瞬間を意識する

④反対の足を踏み出す時もかかとから着地する

 

股関節の痛み、違和感、変形性股関節症
お気軽にご相談ください!

当院では、股関節の痛みや違和感などから重度の変形性股関節症まで、皆様のお悩みを指圧療法で解決いたします。
まずはお気軽にお問合せ・ご相談いただければ幸いです。

ホームページ経由の患者様は

  初診料 2000円 ➡ 無料!!

お電話でのお問合せはこちら

044-750-8870

Lineからもどうぞ!

友だち追加

それでも変形性股関節症でお悩みなら当院へ!

痛みや違和感を感じる初期の方から重度の方まで、的確にご対応します

当院に来院される変形性股関節症の患者様は、痛みや違和感を感じる初期の方から、中期以降の方で杖なしでは歩けない方までいらっしゃいます。

また医師から手術を勧められている方も多くいます。

 

当院では先ずは問診と触診によってお体の状態をしっかりと把握しさせていただきます。
その後にその方の状態、症状に応じた治療を行います。

 

初期の方数回の治療で痛みや違和感が改善される方がほとんどです。

しかし中期以降の方は、最初は痛みで何も出来ない方も多いので、当院の方針としては先ずある程度動けるようにするために、固まった筋肉を緩めて痛みを軽減を優先します。

また足首に変形がある場合は足首を矯正して正しい位置に戻します

 

そしてある程度痛みが軽減して動けるようになったら治療を継続しつつ、ご自宅で行うセルフケアをご指導して機能低下した筋肉の強化歩行の修正を行って参ります。

この段階から回復のペースが上がっていきます。

 

初期の方であれば数回の治療で症状が改善される方が多いです。

中期降の方でも1~2回の施術で痛みが3~4割位軽減する方もいらっしゃいますが全体としては5回~10回の治療が一つの目安になります。

手術を勧められた重度の方10回~20回の治療が一つの目安になり、定期的なメンテナンスが必要になりますがご自分の足で一生歩けるようにサポートさせていただきます。

 

当院は股関節の痛みにも数多くの実績があります。

以下手術適応の患者様の一例をご紹介します。

痛みや違和感を感じる初期の方から重度な後期の方まで、その方に合った治療を行って参りますので、お気軽にご相談下さい。

痛みもかなり減少し、歩き方の指導もしていただき日々改善しています

Y・F 様    65歳   男性       川崎市中原区 

現在の状態。左足首のねじれも解消され、左右の足の長さもそろいつつあり、正しい歩行が可能になりました。

初めは足首が痛く、かばって歩いているうちに左側の股関節が痛くなって、整形外科に受診しました。

股関節の廻りの筋肉が固くなっているので痛みがでているとのことで、その筋肉をほぐす為その整形外科のリハビリに通っていましたが、なかなか良くならず、昔平間でお世話になっていたマザーハーツ指圧治療院より、また開業したとの連絡があり、施術して頂き、かなり固くなっていた筋肉を解して頂き、痛みもかなり減少して助かりました。

歩き方なども丁寧に指導して頂き、日々改善されているようです。

本当に感謝しています。

➡最初に来院された時は、左右の足の長さが3cm以上違い、足やお尻も左側がかなり細くなっていて、足首も変形しており、痛みもひどく杖なしで歩行は難しい状態でした。

軟骨がかなりすり減っておられ病院での診断も変形性股関節症とのことでした。

最初は4回ほど週1回の施術で股関節周りの筋肉をほぐし、変形した足首を矯正させていただきました。

それにより痛みも随分と軽減され、歩行状態も良くなられたので施術ペースを2週に1回にして、その代わり自宅で出来るストレッチや正しい歩行方法をご指導させていただきました。

そして3週に1度のペースにして、施術開始から3カ月たった頃にはお好きなゴルフもハーフは回れるようになられ、4カ月後にはフルコースで回ることが出来たそうです。

今も定期的にメンテナンスを続けさせていただいております。

手術前のチェックでも股関節がよく動くと医者が驚いていました

Y・H 様    60代   女性       川崎市中原区 

手術直前の状態。右足首のねじれは解消され、足の長さもほぼそろいました。

【気になる症状】

 

5年前に変形性股関節症と診断された右足がコロナ禍で動かなくなり、痛みが増し歩くのも辛くなっていました。

 

【施術を受けた感想】

 

手術を予定していたので、現在の痛みを和らげ、歩行や日常生活を楽にする事と手術後のリハビリが楽になる様に施術していただきました。

おかげで痛みが減り、気持ちが楽になりました。

又、手術前のチェックでも関節がよく動くを医者が驚いていました。

 

【当院についての自由な感想】

 

親身になって話を聞いてくれて、施術は丁寧な上、日常生活の注意事項にも気を使ってくれるので、大変頼りにしています。

➡半年前にご来院された時は、右足首が内側にかなりねじれて、左右の足の長さが3~4cm違っていました。
また可動域制限と痛みで右足の股関節と膝関節を伸ばすことが出来ず、右足の太ももやお尻の筋肉を上手く使えないため太もも、お尻共にかなり細くやせていました。

杖を使って歩くのがやっとの状態でした。

股関節周囲の筋肉を指圧によってゆるめ、インナーマッスルをストレッチし、足首を矯正することで正しい歩行が可能になったので、施術を合わせてご自宅でできるセルフケアをお教えしました。

施術開始から1カ月後には痛みもかなり軽減され、杖を忘れて帰られたこともあり(笑)、3か月後には都心まで電車で1人でお買い物に行けるようになりました。

手術も無事に終了し、経過も順調で現在はリハビリのお手伝いをさせていただいております。

友だち追加

LINEからでもご予約・お問合せができます。
パソコンの方はクリックしてQRコードから
スマホの方はタップして友だち追加して下さい。

関連するページのご紹介

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。

ご予約・お問合せ

お気軽にお問合せください

お電話でのご予約・お問合せはこちら

044-750-8870
営業時間
10:00~20:00(最終受付19:00)

  ●日曜日・祝日は最終受付17:00
  ●火曜日・金曜日は13:00開院

定休日
月曜日
友だち追加

LINEからでもご予約・お問合せが出来ます。
パソコンの場合はクリックしてQRコードから、
スマホの場合はタップして友だち追加して下さい。

ご予約・お問合せ

お電話でのお問合せはこちら

044-750-8870

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

友だち追加

LINEからでもご予約・お問合せが出来ます。
クリックしてQRコードから友だち追加して下さい。

INFORMATION

●現在、新規患者様の受付制限させていただいております。

●ホームページ経由の患者様は
初診料2000円無料にさせていただきます。


川崎じもと応援券(第3弾)ご利用いただけます。

ワクチン3回目の接種しました。

●コロナ感染対策として最新の空気清浄機エアドッグを導入致しました。

院長ごあいさつ

高野哲彦
(あん摩マッサージ指圧師)

新丸子駅徒歩1分の指圧治療院です。
親切・丁寧な対応をモットーに、確かな技術でご対応します。お気軽にご相談ください。 

アクセス
受付時間

住所

〒211-0004
神奈川県川崎市中原区新丸子東1丁目983番地
TYMマンション402号室

最寄駅

新丸子駅から徒歩1分
武蔵小杉駅北口から徒歩5分

営業時間
 
午前 ×
午後 ×

10:00~20:00
(最終受付19:00)

火曜日・金曜日は訪問治療のため13:00開院。
日曜日・祝日は営業時間18:00まで、最終受付17:00にさせていただきます。

定休日

月曜日